クチコミ情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。
クチコミ情報

粗大ごみや不用品の回収は、いつもどこに依頼していますか?大きく分けると、区や市役所などの行政機関に依頼するか、粗大ごみ不用品回収業者に依頼する方法があります。では、この二つの違いは何かといいますと、処分できる物の種類といえます。

例えば、エアコン、テレビ、冷蔵・冷凍庫、洗濯機や衣類乾燥機の家電リサイクル対象商品、パソコン本体やディスプレイなどパソコンリサイクル法対象商品、事業に伴い発生した大型ゴミやオフィス家具、有害性の引火性のあるものなどは、行政機関では処分できません。一方で、回収業者は業者によって多少の差はありますが、有害性や引火性のあるものを除けば、ほとんどの物を処分することができます。

だからといって粗大ごみが出るたびに業者に依頼すればいいのかというと、処分にかかる料金を考えると、やはり行政機関の処分を上手く利用するのが良いでしょう。行政機関で処分できるものは、行政機関を利用したほうが安価ですむ場合がほとんどです。しかし、ここにも落とし穴があり、ほとんどの行政機関の不用品処分はある程度まとまった数が必要になり、1つ2つの依頼ですと割高になってしまうこともあります。また、業者に依頼する場合も何かの大型ごみのついでに1つ2つ頼むと割り引いてくれたりと、粗大ごみの数によってもかかる料金は変わってきます。その都度、どちらを利用するとお得なのかを調べて、上手な粗大ごみ不用品の処分を心がけでください。